第105回全国図書館大会 関連行事

関連行事1
三重の物産販売及び書籍等の販売(祝祭広場および知識の広場)

11月21日(木)及び22日(金) 10:30-17:30

・祝祭広場
 キッチンカー等による飲食物、物産の販売
 キッチンカー5台(松阪牛すじカレー、ステーキ丼、カフェラテ等)、物産販売9店(鳥羽のパール、無農薬野菜等)

・知識の広場(本とみえの食でつながる"BOOK×FOOD"マルシェ)
 物産販売(伊勢茶・コーヒーテイクアウト、天むす、焼き菓子、米粉パン等)
 書籍販売等(新刊、古書あり)

関連行事2
三重県立図書館閲覧室の見学(生涯学習棟1階)

11月22日(金) 13:00-13:30

 第4分科会児童サービス(午後の部)の前に、県立図書館1階閲覧室の見学会を行います。
参加対象は、大会参加者に限ります。
参加申込は不要です。当日12:55頃に県立図書館1階閲覧室にお集まりください。
 なお、特に説明や案内は行いません。

関連行事3
三重県立図書館文学コーナー 常設展「三重の文学を見渡す」

11月21日(木)及び22日(金) 9:00-19:00

 三重県は、俳聖・松尾芭蕉や作家・江戸川乱歩など、多くの文学者を輩出しています。また、三重県に滞在したり、風土を題材にした作品を執筆したりと、ゆかりのある文学者たちも多数見られます。
 常設展「三重の文学を見渡す」では、歴史の流れと共に三重の地で生み出されてきた文学作品や三重ゆかりの人物による著作、国学者による文学研究の成果などを、当館所蔵資料から紹介します。