第2分科会 大学・短大・高専図書館(1)

テーマ:震災と図書館活動
  東日本大震災以降も熊本、北海道で大きな地震が続き、西日本豪雨では図書館が甚大な浸水被害を受けた。今後、南海トラフでは大規模地震が発生すると想定され、近年の異常気象で水害はどこでも発生しうる。
 本分科会では、これらの災害に対して高等教育機関の図書館は何を準備すべきか、また被災後はどのように復興していくのかを災害対策を進めている図書館や実際に被災した図書館の体験から学ぶ。
 

基調報告:川口淳(三重大学大学院工学研究科准教授)
     リスクマネジメントとしての地震・津波対策(仮)
報    告:吉岡文(静岡大学学術情報部)
     静岡大学附属図書館における地震対策(仮)
報      告:中澤利美(三重短期大学附属図書館)
     三重短期大学附属図書館における防災取り組み事例から
報      告:藤井広美(倉敷市立真備図書館)
     倉敷市立真備図書館の豪雨被害と復興事業(仮)