第10分科会 目録

テーマ:新しい日本目録規則(NCR2018)
 国際的な目録の動向にも沿って抜本的な見直しを行った『日本目録規則2018 年版』(NCR2018)を知っていただくために委員会からNCR2018 の新しい考え方や特徴等を紹介し、その後、実装を検討されているいくつかの機関から、検討状況や問題点等の報告を行う。最後は参加者の皆様も交えた意見交換の時間を設けたい。
 

報告:渡邊隆弘(日本図書館協会目録委員長、帝塚山学院大学)
   NCR2018の完成
報告:木村麻衣子(慶應義塾大学文学部)
   NCR2018で描く目録の未来
報告:村上一恵(国立国会図書館)
   『日本目録規則2018年版適用細則』について
報告:河野江津子(慶應義塾大学メディアセンター)
   RDAとNCR2018適用の経緯および事例
報告:横山英子(株式会社図書館流通センター)
   TRC MARCにおけるNCR2018の適用