第11分科会 資料保存

テーマ:和本を知って残そう、使おう ~保存と利用と取り扱い~(仮)
 一般に本というとハードカバーやソフトカバーといった洋装本だが、「和本」も重要な図書館資料である。この分科会では、和本について書誌学的な観点から基礎を学び、和本の活用を積極的に行っている機関の取り組みを伺う。また、取り扱いと簡単な補修の実演等も予定している。
 和本は気になる存在だけれど詳しくは知らない、活用法や保存も不安…という方、一緒に学 びませんか。

基調報告:佐々木孝浩(慶應義塾大学附属研究所斯道文庫文庫長)
     和本に親しむ-その種類と特徴について-
事例報告:田中麻巳(立正大学古書資料館)
     和古書を開架で-「保存と利用」から活用へ-
実      演:眞野節雄(東京都立中央図書館)、新井浩文(埼玉県立歴史と民俗の博物館)
     和本の取り扱いと簡単な補修(仮)